生活習慣病を予防しよう|食生活を見直して貧血を改善しよう|女性特有の症状を緩和する方法
婦人

生活習慣病を予防しよう

栄養補助食品

毎日の食事は大切です

最近、食の欧米化により生活習慣病になる方が増えています。それを防ぐには毎日の食生活の見直しや適度な運動があげられますが、コレステロールを下げる食事をすることはとても大事なこととなります。コレステロール値が高いと、血管が詰まり脳梗塞や心筋梗塞などの病気になりかねません。しかしコレステロールを下げる食事をすることで、病気の予防をすることができます。ここで大切なことは、毎日継続することです。コレステロールを下げる代表的な食材として、納豆や玉ねぎやお酢青魚があげられます。納豆であれば毎日でも食べることができるので、一日1パックといったように継続して食べることが大切です。また料理にはなるべく玉ねぎやお酢を使った献立にしたり、週に2回ほどは青魚を食べるようにするなど、バランスを考えながらコレステロールを下げる食事をすることが必要です。外食が続くなど食事のバランスが難しい場合は、ナットウキナーゼやEPA、DHAといったサプリメントを利用することも必要だと言えるでしょう。

血液サラサラを期待しよう

コレステロールを下げる食事とは、基本的に血液サラサラ効果が期待できる食事をするということになります。先ほど、納豆や玉ねぎといった代表的な食材を述べましたが、その他にも効果的な食材はたくさんあります。その中には、大豆やお味噌や豆腐などが含まれています。これらも全てコレステロールを下げるのに役立つ食材と言えますが、これらは全て大豆食品になっています。そのため、基本的な和食の献立を食べ続けていれば、必然的にコレステロールを下げる食事をとっていることになるとも言えます。和食中心の食生活にすることで、健康につながることは間違いありませんが、塩分の取りすぎになる可能性にもなりかねません。そのため、薄味な食事をすることも大切になります。このように和食料理をとることで、血液サラサラにもなりコレステロールも下がるといううれしい特徴があります。